スポンサーサイト

  • 2017.05.25 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」 万城目学

  • 2010.04.25 Sunday
  • 16:54
今日はきっとぞのちゃんの投げる日だ!と朝から楽しみにしていたのに・・・なんと先発は安藤

何で???意味が分からない???さすが真弓・・・。

案の定、いきなり点を取られたようで、見る気もうせたので、久しぶりに読んだ本の感想でも。


万城目学の「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」を読みました。

「鹿男」でその存在を知り、「プリンスセトヨトミ」でハマってしまった万城目学。

今回のこの「かのこちゃん」はいったいどんなお話なんだろうかと、期待して読みました。



期待以上にすごく面白かった


〜かのこちゃんは小学一年生の元気な女の子。

マドレーヌ夫人は外国語を話す優雅な猫。

その毎日は、思いがけない出来事の連続で、不思議や驚きに充ち満ちている。〜
裏表紙より抜粋


最初はどんな話なのかまったく想像できませんでした。

女の子と猫の話?

しかも外国語を話す猫って何?

外国語とは、猫にとっては犬の言葉のことで、マドレーヌ夫人のだんな様はかの子ちゃんの飼っている玄三郎という犬だったのです。


かのこちゃんとそのお友達のすずちゃんとのやり取り。

かのこちゃんのお父さんとの会話。

マドレーヌ夫人をはじめとする、猫たちの集会。

どれもほほえましかったり、ちょっとかなしいことがあったり、ドキドキしたり。

万城目さんっていろんな視点から物事を書くことができるんだなぁと思いました。

しかもすごく読みやすいので一気に読み終わりました。

最後のほうになると

「え!もう終わってしまう!もっともっと読みたいのに・・・」と思わせてくれました。

鹿と話せるお父さんが出てきたときはちょっと嬉しかった


なんか最近疲れてるわぁ・・・って人はきっとこれオススメです


「プリンセストヨトミ」の映画も一段と楽しみになりました






JUGEMテーマ:小説全般
 

スポンサーサイト

  • 2017.05.25 Thursday
  • 16:54
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
コメントする
この記事のトラックバックURL
トラックバック
その毎日は、思いがけない出来事の連続で、不思議や驚きに充ち満ちている。書き下ろし長編小説。 かのこちゃんは小学一年生の元気な女の子。マドレーヌ夫人は外国語を話す優雅な猫。 かのこちゃんとすずちゃ...
  • 粋な提案
  • 2013/05/24 4:14 PM

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

今日のわんこ

SHOP

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM