「天国旅行」 三浦しをん

  • 2010.04.28 Wednesday
  • 22:53
『天国旅行』



この単語に反応したアナタ!イエローモンキー好きですね?

そう、「天国旅行」という曲はたしかにあり、私も大好きな一曲ですが、今回は本のタイトル。

今週は読書ウィークやな、ひさびさに。

この本の帯にあった

「ずっと一緒にいられるって、本当に?」

「きみに心を見せられればいいのに。」

という言葉になんか惹かれるものがあり、それとタイトルにももちろん惹かれ、衝動買い

めったにハードカバーは買わないんやけど・・・高いから。


そしたら最初のページにこのフレーズがっ!

せまいベッドの列車で天国旅行に行くんだよ 汚れた心とこの世にさよなら
 
 THE YELLOW MONKEY 「天国旅行」

はぅーっ やっぱりそうやったんやね!!ここからとったんやね!!



そこへ行けば、救われるのか。

富士の樹海に現れた男の導き、死んだ彼女と暮らす若者の迷い、命がけで結ばれた相手への遺言、前世を信じる女の黒い夢、一家心中で生き残った男の記憶・・・

光と望みを探る七つの傑作短編
                       〜裏帯より抜粋〜



7つの作品、同じ人が書いたものと思えない!!

三浦しをん・・・さすがだなと思いました。



心中・・・コレだけ聞くと、すごく重々しくてどよーんとしたお話ばかりかと思うけど、意外にも明るく、爽やかに感じるお話もありました。

私が特に面白いなと思ったのは

「遺言」と「初盆の客」と「星屑ドライブ」かな。

あぁ〜これもある意味心中ってことやんなぁ・・・と思うお話。

生きること、愛することの大切さや難しさとか、

人を信じるってやっぱり素晴らしいことやなぁ・・・なんて思いました。


一番最後の「SINK」というお話は少し泣きそうになりました。

電車の中で読んでたので、危なかったけど・・・。

一家心中の生き残り、という少年が大人になってからもそのときのことがトラウマになり、恋することもできず・・・というお話。

これは結構暗めのお話だったけど、最後は希望の持てる終わり方だったのでホッとした。



本を読んでいるときって、その世界にガーッと集中できるからやっぱり気持ちいいね



次は大好きな江国香織の本がすでにスタンバってます


スポンサーサイト

  • 2017.05.19 Friday
  • 22:53
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
コメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
>藍色さん

トラックバックありがとうございます!
先ほど、そちらのブログを拝見いたしました。
とてもたくさんの本を読まれてるんですね〜
また感想を参考にさせてもらって、私も本読もうかなぁ・・・。
  • ちぃ
  • 2011/10/28 10:33 PM
コメントする
この記事のトラックバックURL
トラックバック
そこへ行けば、救われるのか。富士の樹海に現れた男の導き、死んだ彼女と暮らす若者の迷い、命懸けで結ばれた相手への遺言、前世を信じる女の黒い夢、一家心中で生き残った男の記憶…光と望みを探る七つの傑作...
  • 粋な提案
  • 2011/10/28 5:51 PM

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

今日のわんこ

SHOP

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM